マットレスの相性

起きたら身体がだるい、そして腰痛も…一番の原因は寝具
 腰痛がひどい人や肩・首が凝ってしかたがない人にとっては、最終的に寝具の問題が気になります。夜寝たときに腰が痛くてぐっすり眠れないとか、朝起きたら首が張っている、首を寝違えて痛い、背中に痛みが走る、眠ったのに疲れている、なんとなく全身がだるいという場合は、マットレスの固さがよくないのではないか、枕が高すぎるのではないかとか、どうやら寝具が原因と思われます。

腰痛で寝具が気になる人は「マットレス・ジャンキー」
 新開発の枕や新素材のマットレスを買い、一度使ってみて「やっぱり身体に合わない」と思ったら、すぐに使うのをやめて、すぐにまた次の枕をとびついてしまいます。寝具売り場に行き、ベッドやマットレスの寝心地を手で押してから購入して、いざ自宅で使うと「合わない」ことが判明するのは一度や二度ではないはずです。多少面倒でも、実際に寝てみてじっくりといろんな姿勢にならなければ、身体に合うかどうかはわからないのです。

噂や口コミ、宣伝コピーに踊らされない
 一般に、「マットレスは硬いほうがいい」「いや、柔らかいほうがいい」というマットレス議論がありますが、寝心地のよさは個人によるところが大きいようです。体重や体格、体脂肪率、背中のS字カーブの状態など、寝る人によって「ちょうどいい」と感じるのは千差万別です。だから同じ寝具でも、寝心地は一人ひとりの身体は異なるのですから、硬い寝具と柔らかい寝具ではどう違うかなど自分の身をもって確かめ、実感してみましょう。いろんな人から高い評判を聞く新製品は、口コミや噂からすぐに飛びついてしまいますが、寝具だけは別なのです。