背筋を伸して立つと腰が痛む

縮んだ大腰筋に負担がかかる
 立っているとき、特に背筋を伸ばしていると腰が痛い、という症状があります。また満員電車に乗っていて、電車が左右に動くたびに周りの乗客から自分の背中を押されてまっすぐ伸びきり(または反り返り)、腰がひどく痛みます。これは、大腰筋が縮んでいるためです。背筋を伸ばして立つと、大腰筋が背骨の腰の部分に加重がかかり、それが慢性化して腰痛になります。縮んでいる大腰筋なら加重はなおさらです。ひどいときには椎間板ヘルニアになる恐れがあります。

猫背や背筋を丸くすると腰が楽
 また、立っていると腰が痛くて辛いので、椅子があるとすぐ座りたくなりますが、立ち上がるとき腰が伸びるのに時間がかかるひとがいます。これは持続性収縮といって、大腰筋が習慣的に縮んだまま伸びにくくなることです。そのため、背中を丸めて猫背気味にしているのが楽だと感じます。姿勢が悪いので背筋を伸ばすと腰が痛くなるのです。