原因は背骨(腰椎)の曲がり

 これまで、ぎっくり腰・ヘルニア・坐骨神経痛などの腰の病気が無く、健康な場合、寝ている時の腰痛の原因として最も多いのが、腰椎(腰の部分の背骨)の曲がりがキツクなることです。
腰椎がキツク曲がってしまう理由として、2つのケースが考えられます。

背骨(腰椎)が曲がり腰痛になる2つのケース
・大腰筋に引っ張られて腰椎が曲がる
・寝具に押し上げられて腰椎が曲がる

どちらのケースに当てはまるか?チェック

背骨(腰椎)が曲がり腰痛になる2つのケース

ケース1:大腰筋に引っ張られて腰椎が限界まで曲かり痛みを発生

 寝ている時の腰痛の原因として、最も多いのが大腰筋により引っ張られた腰椎が限界まで曲げられ痛みを発生するケース。上半身を支える働きをする大腰筋の両端は腰椎と大腿骨につながっています。何らかの理由により、この大腰筋が縮んでしまうと、横になり足を延ばした時に腰椎が大腰筋に大きく引っ張られ痛みを発生する程に曲げられてしまうのです。

対策:
 この場合、腰を少し曲げた姿勢で寝ることで腰痛の発生は防止できます。ただし、この姿勢は長時間続けることが難しいので、腰が沈み込み自然に腰を軽く曲げた姿勢になる体圧分散タイプのマットレスなどが有効です。
参考ページ ⇒ 体圧分散タイプ

ケース2:マットレスの反発力で押し上げられた腰椎の曲がり痛みを発生

 筋力が衰えた高齢者などでは、マットレスなどの反発力により腰が押し上げられることで腰椎の曲がりがきつくなり痛みが発生することがあります。昔から、年寄りには煎餅部のようにペラペラの硬い布団が良いと言われているのはこのためで、腰回りの筋力が弱った方に当てはまります。

対策:
 出来るだけ寝た時の変形が少ないマットレス(敷布団)を利用することで、腰痛の発生を防ぐことが出来ます。ただし、硬いマットレスや薄っぺらい敷布団は寝心地が悪くなったり、重さの集中する肩や腰が圧迫されてしびれる等の問題も起こりやすいので注意が必要です。
参考ページ ⇒ 硬いマットレス・敷布団
 

どちらのケースに当てはまるか?

こちらの方法でチェック ⇒ 背骨(腰椎)の曲がりチェック


 

椎間板ヘルニアなどの腰椎疾患の原因に

 ヒトの背骨は、正面から見ると真っ直であり、横から見ると自然なS字カーブを描いています。ところが、長年の生活習慣から背骨が曲がり、骨盤が歪んでしまうケースがあります。特に就寝時には、ある程度まとまった時間を歪んだ姿勢のまま過ごすので腰の歪みの主な原因となり、また腰痛や肩こりだけでなく、椎間板ヘルニアなどの腰椎疾患の原因にもなります。
 骨格の歪みは、偏った筋肉の過緊張が原因です。座りかたや立ちかたなどでチェックしてみましょう。自分では真っ直だと感じても、歪んだ姿勢のまま習慣となっていることもあります。

・ 猫背である。
・ 鏡を見ると、左右の肩の高さが違う。
・ 左右の足の長さが違う(どちらかのズボンの裾だけがすり切れる)。
・ 仰向けに寝ると、足(かかとからつま先)の傾きが均等ではない。
・ 椅子に座るといつも右(左)の足を組む。
・ 床に座ると決まって同じほうの横座りになる。
・ いつも同じ肩にショルダーバッグをかける。

いつもと反対の姿勢で違和感を感じたら
 足を組む、横座りする、カバンを肩にかける。普段とは反対の動作をしてみましょう。違和感があってどうにも居心地が悪いと思い、すぐいつもの姿勢に戻るとしたら、それは身体のどこかが歪んでいる証拠かもしれません。
 さらに、ベッドや布団ではなく畳や床の上で横になってみましょう。手が腰の下にスムーズに入れば、腰が反っている証拠です。いつもよりお腹が少し出ているような感じになるのは、布団やマットレスが柔らかくて腰が沈んでいるからだと思われます。

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。