ぎっくり腰

ドイツ語で「魔女の一撃」
ぎっくり腰は、何かの拍子に「ギク!」っと電撃が走る様な痛みが腰でます。内臓疾患でもなく、レントゲン撮影をしても異常が見つからない痛みのことを、ぎっくり腰(急性腰痛症)と呼びます。医学的診断名ではなく、一般的な俗称です。
 突然の激しい痛みに襲われるため、ドイツ語で「魔女の一撃」と呼ばれます。よくある症状は、中腰でものを持ち上げたときや、急に立ち上がろうとしたとき腰に激痛が走ります。不用意に身体をひねった、重いものを中腰で持ち上げた、前傾姿勢をとったときなどに起こりやすいです。重く張ったようなだるいような痛みが続き、ときには慢性化する場合もみられます。

ぎっくり腰の原因は?
 筋肉・神経・関節への急激な負荷や、過度の緊張と疲れが主な原因と言われています。長時間続けて同じ姿勢や無理な姿勢をとるなどで、筋肉疲労を起こします。女性では月経時に骨盤や背骨の靱帯が緩むことで、ぎっくり腰が起こることもあります。運動不足、肥満、全身の疲れなどにより、腰の筋肉の血行が悪くなり、筋肉疲労を起こすこともあげられます。

「ギク!」っとなったときの対処法
 ぎっくり腰になった場合、無理に身体を動かしたり起こしたりは絶対にしないようにしましょう。そして、少しでも楽になる姿勢を探します。横になることができるなら横になりましょう。
 痛みが落ち着いて、病院に行ける状態ならば医師の診察を受けるのが良いでしょう。傷みが激しく病院に行けない場合は、食品の保冷材や氷水を入れたビニール袋を腰の痛む箇所に当てて冷やします。ただ、冷やしすぎない様に約10分ごとに外すのをお忘れなく。
 ぎっくり腰はねん挫や肉離れが腰に起きたようなものなので、冷やすことが大事です。ただ、足がしびれたり痛んだりした場合や、痛みが増してくる場合には、早めに病院で診察してもらうことも忘れないでください。