脊髄・神経痛による腰痛

腰椎椎間板症
 椎間板は脊椎を構成する一種であり、ブロック状の椎骨と椎骨の間に存在して、脊柱に可動性を持たせながらクッションとしての役割も担う軟骨です。椎間板の仕組みは、中央の髄核と外側の線維輪で構成されています。椎間板は常に力の負担を受けており、加齢やストレスなどで、およそ10代後半から髄核の水分が減少して変性現象、すなわち老化現象が起こります。こうした老化現象によって椎間板の支持性やクッションの機能が低下すると、周りの神経を刺激したり、靭帯や関節、筋肉に負担がかかって腰痛の原因になることがあります。椎間板の変性による腰痛が生じた状態を、腰部椎間板症と呼びます。症状は急性・慢性の腰痛で、身体が動くときに痛みが強くなることが多く(特に前に屈んだ体位)、下肢症状(足が動かない)や膀胱直腸症状(排尿障害)がともなうことはまれです。
 腰部椎間板症は、腰椎椎間板ヘルニア、変性側湾症、腰椎変性すべり症などの元になる病気です。老化が原因で椎間板が変性し、椎間板の障害により坐骨神経痛や腰痛を生じさせることが多いですが、年齢が若くともスポーツや仕事、日常生活などで腰椎椎間板症になる場合があります。
 また、腰椎椎間板症はレントゲンでも大きな異常が認められないことが多く、MRI(magnetic resonance imaging:核磁気共鳴画像法)という画像検査が必要となります。鎮痛剤の内服やコルセットなどの保存療法が基本的な治療で、ほとんどの場合症状が軽減します。しかし、ごくまれに日常生活が制限されるようなひどい腰痛が長期に続き、手術が必要になる場合があります。

椎間板ヘルニア
 クッションの働きをする椎間板は、コラーゲンを豊富に含む線維輪と、その周囲にみずみずしいゼラチン状の髄核がありますが、この髄核は20歳を越えるとみずみずしさが次第に失われ、老化現象が起こります。早くからあらわれる老化現象のため、さまざまな腰痛症が起こります。
 椎間板ヘルニアは、たとえば大福餅を想像するとよく理解できます。大福餅を押すと餅の一部分がプクッと膨らみ、中の餡が出たりします。プクッと膨らんだところが椎間板の突出であり、餅が破れて中の餡が出た状態がヘルニアです。
 症状は、椎間板が脱出・突出したりして起こる腰痛、下肢痛、知覚障害や運動障害があります。特にヘルニアが神経根にあたって炎症を起こした場合、下肢痛が生じます。ときに麻痺症状が出現し、足が動かなかったり、尿が出なくなったりすることがあります。

腰部脊柱管狭窄症
 脊髄が通る脊柱管が狭くなり、脊髄の神経が圧迫された状態をいいます。脊柱管が狭くなる原因は、まわりの靭帯の肥厚や椎間板の変性、骨棘などによります。脊髄の神経が圧迫された状態とは、簡単にいうと指を輪ゴムで絞めた状態に似ています。つまり、絞めた指先には血が通いづらくなり、しびれや痛みが出ます。これと同じ状態が脊髄に起こったと考えれば分かりやすいと思います。
 典型的な症状は、長距離歩行によって下肢に生じる、疼くような重だるい痛みです。腰を後ろに反らしても下肢に同じような症状が出ることもあります。この症状は、歩行を中止して休むか腰を前屈みにすると軽快します。

変形性脊椎症
 人間の脊椎骨は、頭蓋骨の後頭骨にある大後頭孔より下に降りて骨盤に至ります。脊椎は、頸椎、胸椎、腰椎、仙椎および尾椎の、およそ30個の椎骨から形成されています。骨と骨は関接で繋がっており、その間にはクッションの役割をする椎間板があります。成長とともに脊椎は彎曲し始め、頸椎が前彎、胸椎が後彎、腰椎が前彎し、成人のようなS字カーブを描くようになります。これは、直立二足歩行に必要なバランスをとるために必要となります。
 脊柱は加齢や老化にしたがい、椎間板のクッション性が低下したり、椎間関節が磨耗して骨棘ができたりします。磨耗した関節はその滑りが悪くなるため、弾力性の失った椎間板は衝撃の吸収がうまく行われなくなるために、腰痛の原因となります。症状は、腰痛のほかに殿部痛、大腿前面の痛み、寝起きの腰痛や動き始めの痛みなどがあり、日中は痛みが軽減していることもあります。

骨粗鬆症
 骨を形成する速度よりも骨が吸収させる速度が高いことにより、骨に小さな穴が多く空いてスカスカになる症状をいいます。背中が曲がることであらわれる骨の変形、骨性の痛み、さらに骨折の原因となります。骨折は一般に、強い外力が加わった場合に起こりますが、骨粗鬆症においては、日常生活くらいの軽い負荷によって骨折を引き起こします。
 もっとも重要な機能は、身体に必要なカルシウムの補給庫としての機能です。カルシウムは筋肉の活動や細胞の興奮に必須のイオンで、血液中のカルシウムが不足した場合、骨が溶けることでカルシウムの不足を補います。
 脊椎骨のほうが長官骨(腕や大腿とか下腿の骨)よりも早く骨量が減少し、骨が弱くなります。骨量が減少すると容易に骨折しやすくなります。お年寄りで腰が曲がるのは、背骨が正常の四角形からくさび形につぶれてしまうからです。身体の支持組織としての機能で、骨が支点となって筋肉が作用します。また、骨は内蔵の保護としての働きもしています。

脊椎分離症・脊椎すべり症
 脊椎骨の一部が分離してしたり、脊椎骨がずれたり、脊椎骨が分離してなおかつすべった状態を指します。先天的に生じる場合や、繰り返されるストレスの集中によって起こる場合があります。金属疲労みたいなものです。生まれつき脊椎骨がずれていたり、脊椎分離をともなってずれる場合や、椎間関節という部分が変性を起こして脊椎骨がずれたりする場合をいいます。