整形外科での腰痛治療

整体とは日本と中国のミックスした個人の技術
 最近、一般に広く知られるようになった「整体」という言葉ですが、実は大正時代に新しくつくられた言葉で、名称の定義や教育システムが人によって異なります。大きく分けて、整体には日本古来のものと中国由来のものがあり、現在ではそれらを混ぜ合わせたものです。そこにカイロプラクティックの技術を混ぜ込んでいる整体師もいます。整体といっても一本の筋や基準があるわけではなく、それぞれ個々の整体術の総称ですので、あくまでも個人・団体レベルなのですが、「○○式~」という名称が多いようです。

身体のバランスを回復して自然治癒力を刺激する
 生活のスタイルや仕事の種類などで、長年使った身体に癖が出て筋肉や骨格のバランスが崩れ、肩こり・腰痛・その他の障害が身体に起こります。整体は、筋肉や骨格のバランスを戻し、それらの障害の元をとり除いて自然治癒力をあげる療法です。
 整体の療法は主に、手技によって筋肉・血液の循環、関節の状態を改善させます。たとえば、独特のマッサージで筋肉をやわらげて血液の循環をよくする、指圧のようにツボを抑えることで痛みを抑えて血管に刺激を与え筋肉をやわらげる、正骨と呼ばれる整体法によって骨格を調整する、腹部調整によって内臓、特に胃腸機能を改善する、頭部への施術によって不眠症や神経の疲れを除く、骨格・内臓・経絡・血液循環・神経機能など、かたよることなく全体的な視点から治療する、などが揚げられます。全体の機能を調整する無血療法なのです。

整体術のさまざまな名称
 整体といっても、独特の技術や効果によって名称が異なります。たとえば、簡単な動作によって運動系(骨格・筋肉)の歪みを見つけながら、気持ちのいい方向へ身体を動かしてその歪みを整復し、元の歪みのない身体に戻し症状を改善します。これが「操体法」です。また、「経絡指圧」とは、症状にそった経絡上のツボを刺激して気の通りを良くし、筋肉をほぐし、血流を促進し、リンパマッサージによりリンパ液の流れも改善します。そして「足裏マッサージ」ですが、人体の各器官は足にそれぞれ固有の反射区(身体の各機関や各部位につながっている抹消神経が集中して部分)を持っており、これが頭から足まで順番に並んでいます。経絡、神経、体液の伝導作用を通じて人体に本来備わっている病気を治す力を与え、身体を健康な状態にするものです。全身を診るより足裏を診て施術したほうが患者の負担が少なく、簡単で手軽に受けられます。