整体・カイロプラクティックについて

整体とカイロプラクティックの相違点と共通点
「体を整える」という前提なら、カイロプラクティックも整体に含まれますが、本来はカイロプラクティックと整体はまったく違います。施術の目的は体の歪みを矯正ではなく、全身のバランス調整です。人それぞれ身体の癖や姿勢の違いがあり、その人に合ったバランスをつくることで、体全体にかかる負担を軽減させます。ですから、動きの少なくなった関節を、元の動きを取り戻すために矯正するのです。カイロプラクティックも整体も、どちらも徒手療法であり、自然治癒能力を完全に発揮できる状態に戻す、無血療法の予防医学です。
 また、両者の大きな違いについては、整体の主なアプローチは「筋肉」ですが、カイロプラクティックの主なアプローチは「骨(関節)」です。しかし、日本には明確な違いの定義は存在しておらず、お互いの施術法を混合させている施術クリニックもあります。

カイロプラクティック治療とは
 代替治療(民間療法)の一種であるカイロプラクティックとは、ギリシャ語のChiro(手)とPrakticos(技術)を組み合わせた造語です。背骨の微妙な狂い(サブラクセーション)がさまざまな病気の要因になっていることを分析・発見し、そのサブラクセーションを正す療法で、背骨を中心として骨格の歪みを手技のみで矯正(アジャストメント)します。その他、人体の構造に手技や調整を施し、主に脊柱や骨盤などの変位、関節障害を探し出して、神経系統の働きを改善するとともに人間が本来持つ自然治癒力を高めてゆき、健康を回復させるヘルスケアです。
 神経内では、その働きが悪くなると関節や体性内臓反射、筋肉の働きも悪くなり、その結果、身体全体が歪むことになります。ひどいものでは関節の歪みそのものが内臓への負担となり、ホルモンや自律神経の働きにも悪い影響を与えます。カイロプラクティック治療では、これらの歪みから生じるさまざまな症状を、早いうちに予防することを目標にしています。

治療の効果は痛みの軽減
 また、カイロプラクティックでは、治療過程において神経系統に働きかけるのですが、効果として、まずは全般的な痛みを軽減するというものがあります。効果の対象は腰痛をはじめとして、頭部から下肢までにおいてもそうであり、生殖器や内臓、神経系については冷え性などにも効果があるようです。