ウォーターベッドはどう?

浮力を利用して身体を支える
 従来のスプリングベッドとは身体を支える原理が違います。スプリングベッドはその反発力によって支えますが、ウォーターベッドは水の浮力で身体を支えます。重力に対し「浮力」を利用して人の体をより柔らかく、しっかりと支え、快眠を作り出します。
 人間にとってもっとも自然な立ち姿勢をそのまま横にしたのが、理想的な睡眠姿勢だといわれます。人の比重はほぼ水と同じなので、浮力に身をゆだねれば骨格は自然に立っている状態に保たれます。寝心地は柔らかいのに自然な姿勢をしっかり保ちます。どんな寝具でも横になると腰椎間の軟骨が圧迫されますが、ウォーターベッドなら腰椎が水平に保たれ、圧迫を取り除いてくれます。ちょうど腰が痛いときに膝を立てる状態です。
 従来の布団やベッドでは、横向きに寝ると肩や腰が持ち上がり、背骨はどうしても曲がります。ところがウォーターベッドなら、身体の出っ張った部分は沈むため、背筋はまっすぐのままで、身体は自然な状態に保たれます。

ウォーターベッドのデメリットとは?
 ウォーターベッドは、まるで海の上にプカプカと浮いているようで心地よいものです。個人差はありますが、腰痛に対して改善の確率が低いと思われます。ベッドの下が液体なので、身体にピタッと安定していません。枕を用いる場合、使う枕も限られます。そして、水に防腐剤を入れたりなどしなければいけない、高価である、ひじょうに重くて移動ができないなどのデメリットがあります。
 確かに腰はだんだんとよくなっているけれども、ウォーターベッドの使用感が身体に合わず、また使い勝手もよくないので、腰痛改善のために買い替えるのは、トータル的にあまりお薦めはできないと思います。