腰を高くして座る

背中をまるめるより伸ばすほうが痛い
 腰の痛みにもいろいろありますが、背中をまるめるよりも少し反って伸ばしたほうが痛みが軽減されるかたは、横になるときに腰の下に枕かクッションを入れるといいでしょう。同じく、座るときには腰を膝よりも高くし、背筋をピンと伸ばして姿勢をよくします。この姿勢は、お腹の筋肉がピンと気持ちよく伸び、腰が締まる感じがするはずです。このような姿勢になると骨盤が引き締まります。腰を立てて、ものを敷いて腰を高くして伸ばす運動を、骨盤整体調整運動といいます。

腰痛は腰やお尻周りの筋肉痛
 骨盤の後ろにある仙腸関節(骨盤の骨である仙骨と腸骨のあいだにある関節)は靭帯でしっかり固定されていますが、前かがみの姿勢が長く続くと、ゆるんで伸びてきてしまいます。そこで、まわりの筋肉が靭帯に代わって支えようとして頑張るので疲れてきます。それが腰痛です。腰痛は腰やお尻の筋肉痛だと思えば、納得がいきます。

「バスタオル骨盤調整体操」で腰を引き締める
 そこで、ゆるみかけた仙腸関節のところにもう一人の人がタオルを当てて腰を浮かし、引き締めて戻すのが「バスタオル骨盤調整体操」です。腰を伸ばすだけより、伸ばしたり縮めたりを繰り返すことで周りの筋肉の疲れがとれて楽になります。これだけで腰痛が治る人もいますが、周りの筋肉自体もゆるんでいるとすぐには治りません。腰を支える筋肉を鍛えようというのが、腰を膝より高くする座りかたです。車のシートの背当てでは筋肉はつきませんが、腰がS字カーブになり、いい姿勢が保てます。